たしでれえびばでぃ。
塩野七生『ローマ人の物語Ⅹ すべての道はローマに通ず』
b0052861_042687.gif高校時代、ヘミングウェイみたいな国語の先生に、「お勧めの本は何ですか」と聞いたら、「ローマ人の物語」と言った。らしい。友人から聞いた。
興味を持って読んでみたらかなり面白い。現在10巻まだ読み終わった。うちにあるのはあと3冊。あと2冊くらいはこれから出版されるらしい。


この巻はローマ帝国のインフラについての話。街道や水道などのハードのインフラと、医療や教育などのソフトのインフラ。

毎回単行本で買ってるからお金もバカにならないし、ちびちび読むから読み終わった頃には前のほうなんて忘れてるし、そうじゃなくてもかなり細かく書いてあるのに漠然とした理解しかできない。なのに面白い。読まなかったら人生損してたかもと思う。1ヶ月くらいイタリア行って遺跡巡りとかしたいなあ。いくらかかるんだ。
[PR]
by yusuke.nima | 2004-11-24 00:04 | 出版・書籍
<< 『ハウルの動く城』 赤レンガ講座第4回 >>


カテゴリ
チベット
出版・書籍
友人
日記的
映画
雑感・その他
最新のトラックバック
東京都知事選
from 影山伊作の公式ブログ
ラッシュライフ |伊坂 ..
from ミステリー倶楽部
『ローマ人の物語27,2..
from まろまろ記
ETCが電子マネーに大化..
from etc ~クルマな生活~
from 音楽を奏でる(理論編)
以前の記事
リンク
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧